北九州市立大学同窓会和歌山支部の皆さん、皆さんが最近母校に行きましたか。母校は平成28年創立70周年を迎えました。 その記念行事の一環として父兄会・後援会・同窓会等協力の元、図書館が新設されました。
 館内1階には学生の共同的・ 自主的な学習の場としてラーニング・コモンズが整備されており、ゼミ学習やプロジェクトのミーティングなど様々な学生の 活動に役立てられています。また蔵書能力は58万冊から72万冊へと大幅に向上しました。
 共用開始以来、大学のシンボル 的存在として学生・教職員や地域住民に広く親しまれる北方キャンパス図書館。まだ見ていない方は是非一度母校を訪ねてみる ことをお勧めします。
 地域クリーンアッププロジェクト
 地域クリーンアッププロジェクト(以下クリーンアップPJとする)とは、 地域共生教育センター(421Lab。)の19あるプロジェクトの一つで、平成28(2016)年4月に誕生した。現在は、 地域の清掃活動を中心に、環境問題をテーマとして様々な活動を行っている。
 green birdについて
 green birdは、「きれいな街は、人の心もきれいにする」というコンセプトのもと、世界中で行われている清掃活動です。北九州地域 では小倉・北方・黒崎チームがあり、「クリーンアップPJ」は北方チームとして定例活動を行っている。
最近の活動と今後の展望
 最近では週に一度の定例活動に加え、モノレールに 乗って活動し、駅周辺のゴミを拾う「モノレール清掃」や、馬島に流れてくる漂流物を集める「馬島清掃」等をおこない、活動の場を 広げている。
 また現在の課題として、参加者の大半が学生であるということが挙げられている。子供から大人まで様々な年齢の方に 参加してもらうために、今後は積極的に広報活動を行い、より多くの方に参加していただくよう努力しているようです。
元へ戻る